Continental Carriers, Inc.

18:30からコーポレート・ファイナンスの授業を受けた。
米金融市場は、証券取引委員会による空売り禁止、$700Bのウォールストリート救済案など話題に事欠かない。
Continental Carriers, Inc.の事例を扱った。
買収のための資金調達について、株式発行(Equity)か社債発行(Debt)のどちらが望ましいかを分析する。
結論としては、買収後の期待利益におけるEPS(Earning per Share、一株あたり利益)が高い社債がよいことになる。
事例ではいろいろな役員が優先株発行はどうだとかいろいろなことを言い、EPSまたはROE(Return on Equity、株主資本利益率)で比較すればよいという結論を惑わせる。
教授は公式を使って正解を導くよりも、そこにたどり着くために適切な推論をすることが重要だという。
何を求めるべきかを理解していないと、数字に踊らされるだけだなぁ。
米金融市場の混乱に至るまでの過程を、GIGAZINEがわかりやすく書いている。
リーマン・ブラザーズとAIGが破綻、それが一般人の生活に今後どのように影響するのか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。