Elevator Pitch

15:30からSpeak Easy ProgramでAdam Smith Meets Climate Changeという記事について議論した。
古典派経済学の祖であるAdam Smithは、『国富論』を執筆する前に、社会は同感を基にして成り立っているという『道徳感情論』を発表している。
これが現代の温暖化ガス排出権取引においても該当しており、先進国・途上国双方の主張を採り入れた折衷案を提案している。
排出権取引はその有効性が指摘されているけど、企業は費用対効果を見出さない限りビジネスのやり方を変えないよね、という話をした。
18:30からアントレプレナーシップの授業を受けた。
今日は学生が自身の起業コンセプトを1分間ずつエレベーターピッチを行う。
エレベーターの中にいる短時間で、企業重役や投資家に自分の構想を売り込むことを意味する。
私は以前関わっていたロボット事業化に関連して、知育ロボットを売り込んだ。
実現可能な案が多い中、ロボットはやはり異彩を放っていた。
1分間なので話すのに詰まったらアウトなので、原稿を用意して暗記して臨んだ。
練習の甲斐あって、最後まで言い切ることができた。
その後の質問にも何とか答えられたし、インド人Sasiは良いアイデアだと言いにきてくれた。
来週までにチームを組まなければならないが、さてどうしよう。
授業後はコーポレートEビジネスのグループミーティングに参加した。
1枚1枚のスライドについて、イノベーション例の内容とメリットが明示されているか議論した。
46例もあるので時間がかかり、一通り終えたのは0時を超えた後だった。
グループワークで深夜まで学校にいたのも久しぶりだな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。