Marriott

コーポレート・ファイナンスの授業では債務負担能力について学んだ。
借入でレバレッジを利かせれば、株主利益をさらに大きくできる。
また支払利息は課税控除の対象なので、資本コストの低下にもつながる。
ホテルチェーンMarriott Corporationの事例で、資本調達の制約を解消するための方策を研究した。
新株発行で負債資本比率を下げる、会社分割で借入能力を改善するなどの選択肢を株主資本を基準に分析する。
実際に1992年に同社は、ホテル事業のMarriott Internationalと不動産所有のHost Marriott Corporationに会社分割している。
その後Marriotte Internationalはホテル事業に専念し、Ritz-Carlton Hotelなども買収している。
ブランド戦略なのだろうが、Ritz-Carltonの公式サイトにMarriottの子会社であることは書かれていない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。