Advertisement

10時から留学生センターの英会話プログラムに参加した。
今日のディベートのテーマはadvertisement(広告・宣伝)の是非について。
インストラクターから、企業も政治家も目的は違えどadvertisementをしている、convince(理屈を説明して納得させる)とpersuade(理屈抜きに納得させる)が違う、などという説明があった。
ビジネスを専攻している私は、企業が顧客の便益より自社の利益を優先させる目的で広告を打っていることを前提にしても、広告が世の中にとって有益だと主張した。
必要でないものを必要であるかのように訴えかけて消費者に製品・サービスを買わせることに対して反感があるのはわかるが、それが企業の仕事である。
消費者は自分で体験したりして学び、賢くならなければならない。
同じくビジネスを学ぶ中国人Tonyと、企業広告は不要だという多数派に対して反論した。
議論後、インストラクターから広告の長所・短所をまとめた紙が配られ、来週も同じ議題について議論することになった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。