Corporate e-Business Evaluation

朝早起きして提出する課題を印刷しようと思ったが、寝坊してしまった。
授業が始まる頃に急いでKinko’sに印刷に行くと、同じクラスのChiragとVincentがいた。
授業開始間際に印刷に来ているお互いの姿を見て、苦笑い。
私は結局30分程遅刻したが、着いた頃にはゲストスピーカーが話をしており、課題提出も特に問題はなかった。
うちの学校ではコースの最後に学生による教授の逆評定を行うことになっているが、今日は最後の授業なので、この逆評定があった。
中身よりも文法・綴りの正確さを重視するなど、教授の評価基準に疑問を感じていたので、私は通常つけている評価よりもかなり低い評価をつけた。
私と同様に、またはそれ以上に不満を感じている学生は多いようで、教授が退室している逆評定時間中にあちこちから批判的な意見が聞かれた。
全ての項目で10段階評価中1を付けている学生も複数いたようだ。
ある学生はあまりに授業の質が悪いということで、副学長に直接メールをしたそうだ。
ここまで酷評される教授も珍しいな。
ずっと業界にいて、MBAホルダーであっても博士号はなく論文等で業績を残していないので、学術分野では門外漢だったのだろう。
コネで教授職に就いたのかもしれないが、来期も継続して教壇に立つことはないかもね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。