Pampa Tour Day 1

朝起きると、雨が降っている。
身支度をしていると、日本人の声がして見ればラパスからバスで来たNさんたちだった。
雨が強くてセルバツアーは出ないと言われたという。
念のためAnaconda Tourのオフィスに行き尋ねるとちゃんとツアーは決行されるとのこと。
必要な荷物をまとめて、残りを宿に預けてチェックアウトする。
Anaconda Tourのオフィスに行くと、コパカバーナからラパスに行くバス内で一緒だったオランダ人カップルと会う。
アジアから4ヶ月半の間、旅をしているらしい。
ジープに食糧を積み込み、他のツアー客を拾って、9時にルレナバケを出発する。
ツアー客は、オランダ人カップル、フランス人カップル二組と私の7人。
個人旅行をしているだけあって、みんな結構スペイン語を話せる。
ボートの発着所となるサンタローザ(Santa Rosa)までの道は舗装されておらず、雨が降ったため状態が悪い。
トヨタの四輪駆動車でもぬかるみにハンドルをとられ、小刻みに横滑りする。
途中で方向転換の車軸が外れ、運転手が直していた。
ぬかるみにはまって動けなくなったバスを回避するのに1時間かかる。
昼過ぎに公園ゲートで入園料を支払い、14時に昼食をとって、15時前にようやくSanta Rosaに着く。
もう1台のジープに乗っていた家族が、帰る際に雨で道路が通れなくなると困ると言って引き返すことになり、同乗していたスペイン人男性がこちらのグループに加わることになった。
昼から酒を飲み、暇さえあればタバコを吸うこのスペイン人は、見かけはだらしないが、英語もフランス語も流暢に話し、なかなか面白い。
サンタローザからは同行していたガイドのCuanがモーターボートを操縦し、川を遡る。
さっそく川沿いに、鳥、猿、ワニ、カピバラなどの動物が続々と現れる。
水面にはピンクドルフィンもときどき姿を現す。
辺りが暗くなった18時に我々の泊まるロッジに着く。
コックが作った夕食(サラダ、パスタ)を食べて、蚊帳付きのベッドで寝る。
雨が強くなり、トタン屋根に叩きつける雨音が激しい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。